EXHIBITOR

NATSUKO MIYAKOSHI

繊細な技が光るつまみ細工と温かく心を照らすランプシェード
江戸時代から伝わるつまみ細工や青森のこぎん刺しの、技とセンスを現代的にアレンジしたアイテムを製作しています。

つまみ細工は、着物のハギレを切り出した小さな布を折りつまんで組み合わせることで、立体的で華やかなモチーフをつくりだす京都発祥の伝統工芸。現在は舞妓さんが身につけたり成人式の晴れ着に合わせる特別なものというイメージがありますが、これを洋服にも合うようカジュアルダウン。「ハンサムエレガント」をテーマに、かっこいい女性に美しさと気品をプラスするようなアクセサリーを目指しています。

もうひとつ人気のアイテムとなっているのが、こぎん刺しのデザインを用いたランプシェード。雪国の冬の寒さをしのぐために生まれたというこぎん刺しの暖かなエピソードを、温かな灯りで表現しました。リラックスタイムに静かに灯せば、ほっこり心癒されます。 幸せを運ぶ虫として知られるてんとうむしのように、私の作品を手に取った人に幸せが届きますように。
問い合わせ先