青森県漆器協同組合連合会
Aomori Lacquer Ware Association

青森県漆器協同組合連合会

〒 036-8061 青森県弘前市神田 2-4-9 弘前市伝統産業会館
0172-35-3629
http://www.tsugarunuri.org

職人たちとともに津軽塗の伝統を未来につなぐ

青森県唯一の経済産業大臣指定伝統工芸品でもある「津軽塗」。
発祥の江戸時代中期の段階では特に名称はありませんでしたが、1873年のウィーン万国博覧会に展示することとなった際に、その産地を明らかにするため「津軽塗」と名付けられました。

津軽塗には、幾重にも塗り重ねた漆を平滑に研ぎ出して表情豊かな模様を表す「研ぎ出し変わり塗」という技法が使われています。48もの工程に分けられ、気が遠くなるような手間と時間がかかっているのですが、それゆえ漆の層が厚く、硬くて丈夫なのが特長です。漆製品は特別な日のための繊細な高級品と思われがちですが、津軽塗はぜひ日常使いにしていただきたいですね。

青森県漆器協同組合連合会に登録されている津軽塗認定工芸士は14名。それぞれ得意な技法やジャンルが異なるため、作品の個性は実に豊かです。津軽塗特有の優美なデザインは存在感たっぷりで、漆はどんな下地にも施すことができるので、食器などの小物はもちろん、家具や建物の外装まで、先入観にとらわれずあらゆる場所に取り入れていただきたいです。

青森県漆器協同組合連合会/会長・石岡 健一