優しい色合いとキュートな表情に 癒される下川原焼土人形  

草邑KUSAMURAは、津軽で古くから親しまれてきた伝統工芸の魅力を守り、伝えるために、これらの技を引き継ぐ若手を中心とした職人たちとともに、現代の暮らしを彩る生活雑貨をつくっています。  

数ある津軽の工芸品のなかでも今回ご紹介するのは、「下川原焼土人形(したかわらやきつちにんぎょう)」です。これは、江戸時代、津軽の地に子供たちの玩具が少ないことを憂いた陸奥国弘前藩主が、冬の閑暇に人形をつくるよう陶器職人たちに命じたことがはじまりといわれる土製の玩具。代表的な「鳩笛」のほか、津軽の風俗や行事を表現した表情豊かな人形が作られています。  

下川原焼土人形は藩主に命じられた家でしか作ることが許されなかったため職人が極めて少ないのですが、そのひとりである阿保正志さんとともに、7色の鳩笛をつくりました。伝統的に強い色味のデザインが多いなか、あえて淡いカラーリングとかわいらしい表情で、手に取る人の心を癒す風合いに仕上げました。成型から素焼き、着色まで製作はすべて手作業で大量生産が難しいため、下川原焼土人形が県外に出ることはほとんどありません。この機会にぜひ、素朴でほっこり温かな質感の下川原焼土人形の魅力にふれてみてください。

草邑 KUSAMURA /草刈 静香

E-mail: kusamura1102@gmail.com

https://kusamura-aomori.net