EXHIBITOR

さきおりCHICKA

使われなくなった布をアップサイクル雪国が生んだ表情豊かな織物
裂織とは、古く使われなくなった布を細く裂いて緯糸にする、機織りのひとつの技法です。江戸時代、雪国では綿の栽培は難しく、木綿はとても貴重でした。布は大切に使われ、最後には裂いて緯糸にして織り込み、夜着や仕事着、帯、前かけなどをつくっていました。そんな用途で生まれたという背景もあり、裂織は丈夫で暖かく、表情豊かなのが大きな魅力。使われなくなった物を捨てずに新たな価値を生み出すという製法は、近年叫ばれているSDGsの考え方にも通じます。

さきおりCHICKAでは、南部地方(青森県東部)で受け継がれる南部裂織の技法をアレンジし、小物や雑貨、バッグなどを製作しています。カラフルな色使いだけでなく、経糸の色を変えたり毛糸などの異素材を使うなど、遊び心を盛り込んでいるので、暮らしのアクセントしていただけると嬉しいです。今回は新たに手作りキットもご用意したので、ぜひ実際に手を動かしながら五感で裂織の魅力を味わってみてください。
問い合わせ先