EXHIBITOR

2020出展/nonoc

カラフルな色使いがポップな菱刺しアイテム
青森の伝統的な手芸というと、津軽地方のこぎん刺しが有名ですが、南部地方(青森県東部)の菱刺しはあまり知られていないようです。一見似ていますが、この2つはデザインも製工程も異なる別物。菱刺しがこぎん刺しのルーツだという説もありますが、文献がなく定かではありません。

こぎん刺しは、“藍色の生地×白の糸”が基本となっていてどこかストイックなイメージがある一方で、菱刺しはカラフルでデザインの自由度も高く、風合いもふっくら柔らか。どこか愛嬌があるんです。

nonoc では、そんな菱刺しの伝統を守りながらも、現代の生活に合ったアイテムを作るこ とで、菱刺しにもっとスポットライトが当たるよう活動しています。

菱刺しの大きな魅力は、その鮮やかな色使い。こぎん刺しと違い菱ごとに色を変えられるので、色で遊べるのが楽しいです。クリスマスは赤と緑、ハロウィンはオレンジなど季節を意識したり、使う人の性別や年齢、職業などをイメージしながら色選びをしています。草木染めの自然な色味も個人的には好きですが、原色やトリッキーな色使いの遊び心のあるデザインが菱刺しらしくておすすめです。

nonoc /木滝 奈央
問い合わせ先